共立美容外科

共立美容外科で両脇脱毛


美容外科だからこそ体験できるレーザー脱毛を共立美容外科は医療機関なので、医療機関だけが行える医療レーザー脱毛を受けることができます。
医療レーザー脱毛は高品質な脱毛で、黒い色だけに吸収される特定の波長の光を照射することで、脱毛するというものです。
確実に素早く毛根を破壊できること、体の色々な部位にレーザー照射できることが特徴です。

両脇の場合、個人差もありますが施術自体は大体10分ほどで終わります。
また医療レーザー脱毛の場合、毛根に直接照射するため事前に毛を伸ばす必要がありません。
ですから、脱毛したいと思ったその日にすぐ脱毛を行う、ということも可能です。

なお、レーザー照射で注意しなければならないのが、施術を受けた部分を直射日光に当てないようにする必要があることです。
両脇だけならそんなに心配しなくて良いかもしれませんが、他の部位も施術予定ならロングスカート、スラックス、長袖などを着用して行った方が良いでしょう。
日焼けしていても施術は可能ですが、日焼け直後で赤みがあったり熱感があったりする期間は施術は避けます。
日焼けして肌が黒くなっていると、黒いほど脱毛の効果が落ちるので、留意しておいた方が良いです。

共立美容外科の特徴や脱毛の流れ


医療レーザー脱毛はどうしてもある程度の痛みが出てしまいますが、共立美容外科では痛みに配慮した施術を行ってくれます。
痛みがあることを伝えれば、できるだけ痛みが出ないようにしてくれます。
もちろん、施術は丁寧に行ってくれますし医療機関なので、脱毛するのは初めてだという人でも施術を受けやすいと言えるでしょう。

駅の近くにあることが多いため、通いやすいという特徴もあります。
両脇のレーザー脱毛1回の料金は3400円となっています。
1人1人にあったオーダーメイドとも言える脱毛をしてくれます。

レーザー脱毛の流れとしては、まず完全予約制になっているので予約するところから始まります。
予約した日時に訪れたら、脱毛したい部位、脱毛について悩みなどを問診票に書き、それをもとにカウンセリングを行います。
両脇以外だと顔や手足をはじめ全身のほとんどで脱毛が可能です。
うぶ毛であってもレーザー脱毛なら施術できるので、もし気になっている箇所があれば、この時に相談しておきます。
カウンセリングが終わったら施術となります。

施術中、痛みがあればすぐに伝えましょう。
施術が終わったら帰り、その後何か気になることが出てきたら相談すれば、きちんと対応してくれます。

このページの先頭へ戻る