脱毛テープ

ワキ毛処理方法〜市販のテープを使う


女性の身だしなみの1つである脇毛の処理には、色々な方法があります。
薬局でも手軽に購入でき、自分1人でもやりやすい処理の方法の1つに脱毛ワックスがあります。

ほぼ体全部のムダ毛に有効で、ゼリー状のワックス、ワックスがシールにあらかじめ塗られていてワックスシートとして売られているものがあります。
ワックスシートは脱毛したい部分に貼り付けてはがすだけなので、かなり手軽で簡単に脱毛できます。
ワックスシートは、脱毛テープの1種とも言えるでしょう。

ワックスシートのメリットは、簡単なのでちょっとした空き時間があれば、自分の気が向いた時にいつでも脱毛できるということです。
そして、カミソリで剃るよりもお手入れの頻度が低くて済む、ということもあります。
頻度が低ければ肌への負担も小さくできるので、そういった意味でもメリットと言えるでしょう。
何より手間が減るのは、かなり大きなメリットです。

デメリットとしては、脇毛を一気に抜くことになるため多少の痛みを伴うということです。
また、シートに塗られているワックスで毛を引き抜くので、あまりにムダ毛が短いと上手く抜けずに脱毛できない、ということもあります。
なお、商品によって使える箇所が違う、使い方が違うといったこともあるので注意は必要です。
購入する前にきちんと確認しておきましょう。
薬局で購入する場合、薬剤師さんに相談してから購入すると安心です。

オススメの脱毛ワックスシートとしては、ヴィート脱毛ワックスシート、エピラット脱毛ハニーゼリーなどがあります。
自分に合った脱毛ワックスシートを見つけるまでは、いくつか試してみるのも良いでしょう。
商品によっては、はがす時にコツが必要なものもありますので、脇毛の脱毛に使えるものの中から選び、自分に合っていて使いやすい商品を見つけてください。
中には敏感肌の人に向けた商品もありますので、購入する時に間違えないようしっかり確認してください。

脇脱毛テープの使い方のコツと効果


脱毛テープは毛根ごと毛を剥がし取るものなので、綺麗に脱毛するためには使い方にも剥がす時にも、いくつかコツが必要です。

まず、使用前に毛の長さを調節しなければなりません。
長過ぎれば剥がす時に毛が途中で切れて残ってしまったり、肌の表面近くで切れてしまいそこだけ早く毛が伸びてきてしまったりします。
脱毛前にワキを清潔にしてお風呂や蒸しタオルで肌を温め、毛穴を開いておきます。
この時、毛が長過ぎるようなら適度に残しつつ軽く処理します。

テープを貼る時には肌がしっかり乾いていることを確認してから貼ります。
毛の流れをきちんと整えてから貼ると、綺麗に脱毛しやすくなります。

また、肌を平らな状態にしておかないと綺麗に脱毛できませんが、ワキは平らにすることが難しいので毛の流れを見ながら、ちょうど良い大きさにカットして何度かに分けて処理した方が綺麗に脱毛できます。

なお、説明書をきちんと読んでその商品の正しい使い方をする、というのが前提としてあります。
商品によって、毛の流れに逆らって貼るのか、毛の流れに沿って貼るのかが違っているので、正しく使わないと上手く脱毛できません。

脱毛した後は毛穴が開いてしまっていますので、そのまま放置しないできちんと肌を冷やし、毛穴を引き締めましょう。
放置すると化膿、炎症を引き起こす原因となってしまいます。

脱毛テープは手軽なので、初心者のうちはやってしまいがちなミスがあります。
特定の部分だけ上手く脱毛できなかったため、もう1度テープを貼って剥がすことです。
同じ箇所には1度しか使わない前提となっているので、何度も同じ箇所を脱毛テープで脱毛しようとすると、肌トラブルが起こりかねないことは覚えておきましょう。

正しく使えば、手軽で綺麗に脱毛することができますし、剃って処理するよりも頻度を減らすことも出来ます。
脱毛テープでのお手入れは、3週間から4週間に1度くらいで良いので、結果的に肌への負担も抑えられます。

脱毛テープを脇に使うと痛い?


脱毛テープの最大のメリットは、短い時間で一気にムダ毛を毛根から抜くことができるということ、処理する頻度を減らすことができることです。
ただ、ムダ毛とは言え自分の体からまだ生えている状態の毛に脱毛ワックスの塗られたシートを貼り付け、そのシートごと一気に引き抜くことになるのですから、やはり痛みはそれなりにあります。

少しでも毛が抜けやすくなるように、入浴後に脱毛するか蒸しタオルなどを使って肌を温め、毛穴を開かせてから行った方が良いでしょう。
またその商品ごとに毛の流れに逆らって貼る方が良いのか、毛の流れに沿って貼るのが良いのかは違いますので、きちんと説明書を読んでから使います。

この時、温めて毛穴を開かせている上、さらに毛を引き抜いているので毛穴はより開いています。
そのままにすると、化膿や炎症を引き起こしてしまう原因となることがあるため、きちんと肌を冷やすなどして毛穴を引き締めるケアを行いましょう。

さらに、脱毛テープを使う時に気をつけなければならない点として、毎回しっかりとパッチテストは行ったほうが良いということがあります。
脱毛テープは手軽に脱毛できますが、肌に負担が全く無い訳ではありません。
カミソリで頻繁に毛を剃るのに比べると、頻度が少ないために結果的に負担が小さくなってはいますが、負担はかかっています。

ですから、あまり頻繁に脱毛テープでの処理を繰り返しすぎると、ぶつぶつとして鳥肌のような跡がついてしまう可能性もあるため、きちんと説明書を読んで脱毛を行う頻度や方法は守って使用してください。

そして、妊娠中の人やその可能性がある人、生理中のような肌が敏感になっている時には、脱毛テープでの脱毛は避けましょう。
手軽に使える脱毛アイテムだからこそ、きちんとした使い方、注意事項を知ってから使うようにしなければいけません。

手軽だからと頻繁に使っていて、間違った使い方をしていたり注意事項に反する使い方をして、思わぬトラブルとならないように気をつけることが必要です。
手軽だからこそ、注意が必要というわけです。

脱毛テープエピラット


脱毛テープエピラットは、ドラッグストアでの売り上げが上位に来ることが多い脱毛テープです。

商品としては3種類あり、1つは14枚入りの普通の脱毛テープ、もう1つは22枚入りのミニサイズの脱毛テープ、最後の1つが短い毛もしっかり脱毛できる脱毛ハニーゼリーです。
他の2つは、一般的な脱毛テープと使い方などで違うところはほとんどありません。
少し違うのが脱毛ハニーゼリーで、135gの脱毛ゼリー、これを塗るためのヘラ、20枚のシートが入っています。

この脱毛ゼリーは植物性で天然のハチミツが配合されています。
またゼリーを塗ることで、うぶ毛のような短くて普通の脱毛テープでは脱毛しづらい毛まで、しっかりと脱毛することができます。
普通の脱毛テープでは物足りないという人、うぶ毛が濃くて気になる人などに向いていると言えます。

使い方も他の脱毛テープとは少し違っていて、まず脱毛ゼリーをヘラに取って脱毛したい箇所に塗ります。
この時、きちんと毛を巻き込みながら塗るようにします。
塗り終わったら、塗ったゼリーの上に付属の脱毛シートを置いて、ずれないように注意しながら手のひらでしっかりと押さえます。
この後、毛の流れに逆らい折り返すようにして一気に剥がします。

この時、痛いかもしれないとゆっくり少しずつ剥がすのではなく、一気に思い切って剥がすようにしましょう。
一気に剥さないと途中で毛が切れてしまうなどして、綺麗に脱毛できなくなってしまう可能性があります。
注意すべき点は、ここで失敗して抜けきらなかった毛があるからと言って、直後にもう1度脱毛しないことです。
連続して行うと、肌への負担が大きくなってしまい、トラブルの原因になる可能性があるからです。

一般的な脱毛テープでは、うぶ毛が上手く処理できなかったという人でも、エピラットの脱毛ハニーゼリーならしっかり処理できるのではないでしょうか。
また、うぶ毛が気になる部位にはハニーゼリーを使い、他の部位には普通の脱毛テープを使うなど、使い分けをしても良いかもしれません。

veet(ヴィート)脱毛ワックスシート


veet(ビート)脱毛ワックスシートには、ナチュラルズワックスシート、顔用ワックスシート、ワックスシート敏感肌用の3種類あります。
ナチュラルズワックスシートには天然の保湿成分として、アロエベラが配合されています。
ナチュラルズワックスシートが脱毛できるのは、1番短くて1.5mmからのムダ毛なのでうぶ毛も比較的脱毛しやすいと言えます。

貼って剥がすだけで良く、剥がす時に剥がしやすいようにグリップもついています。
フローラルリリーのような香り付きです。
脱毛ワックスシートが10枚(5組)、ふきとりシートが2枚入っています。
脱毛に使える箇所は、腕、ワキ、ビキニライン、すね・脚です。

顔用ワックスシートも敏感肌に使え、剥がしやすいやわらかワックスシートとなっています。
また個人差はありますが、最短で1.5mmのムダ毛の脱毛も効果的に行えます。
脱毛ワックスシートが20枚(5×2組)、ふきとりシートが4枚入っています。
顔用のワックスシートとなっているので、脱毛できる箇所も顔のみとなっています。

ワックスシート敏感肌用も、最短1.5mmのムダ毛から脱毛することができます。
脱毛するのに必要な時間は短く、最大で4週間はスベスベ肌が続きます。
脱毛ワックスシートが12枚(6組)、ふきとりシートが3枚入っています。
敏感肌の人用で、脱毛に使える箇所は腕、ワキ、ビキニライン、すね・脚です。

いずれのワックスシートも、使用前にまず1組を両手で挟んで軽くこするようにし、温めます。
シートを剥がしたら2枚で1組になっているシートをゆっくり剥がし、1枚にして使います。
剥がす時、また剥がした後にシートが丸まってしまわないよう、注意しなければなりません。

1枚にできたら、脱毛したい箇所にシートを乗せますが、この時毛の流れに沿って貼る必要があります。
数秒間置いて、しっかり肌にならしたら一気に剥がします。

このワックスシートは粘着力によって脱毛するタイプなので、長い時間置いてもワックスが固まることはありません。
脱毛後は、付属のふきとりシートかコットンにベビーオイルなどをたっぷり含ませ、やさしく肌をふけば脱毛完了です。


このページの先頭へ戻る